京都の水漏れ修理の方法です

京都で水漏れでお困りならまず、修理を依頼する前にこの方法をお試し下さい。まず水を止めることができるかチェックをします。止められない場合は水が漏れている場所を探し、雑巾やタオルなどをつめて応急処置をしまう。水漏れがひどい場合はおけやバケツを使います。

水漏れの多くの原因は年数が経過して劣化して、不具合がでている可能性が高いです。特にパッキンはゴム製のため耐久年数が短いので、こまめな交換が必要です。パッキンって何?と思われるかもしれませんが、水筒についているゴムをイメージして下さい。水漏れしないようについているのがゴムのパッキンです。

パッキンは価格が安く、京都のホームセンターで購入することができます。種類がたくさんありますので、自分で修理をする際はサイズをはかるか実物を持って行くと分かりやすいです。ホームセンターに行くと意外と修理のための部品がたくさん売られています。水道屋さんに頼まないと直らないと思っていたことでも自分で直せる場合もあります。

水漏れがひどくないようでしたら、1度ホームセンターを見てから修理の依頼をしてみてはいかがでしょうか?もしくは見積もりをだしてもらい、自分で直せるかどうか確認してみるのもよい方法です。良い水道屋さんは「買ってきて直せますよ」などと教えてくれます。完全に修理不可能な場合は京都ではすぐに対応してくれる水道屋さんがありますので、状態を説明してすぐに来てもらいましょう。岡山の水道のつまりのことならこちら