京都の水漏れ修理に備えてパッキンのストックを

京都の住宅関連のトラブルで多いのは、水回りで起こるトラブルです。キッチンやお風呂場、そしてトイレと洗面所の主に4か所と、庭にも水道がある場合はこちらも要注意です。給排水管が通っている場所であれば、どこでも起こりうるということです。水は生活に欠かせないものなので、トラブルが起こるととても困ります。

そのためパッキンなどの消耗品は、少しストックしておくと心強いでしょう。価格も100円程度と安いです。1か所で水漏れが発生したなら、他の場所でも起こる可能性が高いです。使用頻度によっても寿命は変わってきますが、使用されているゴムの経年劣化は同じですから、どこかで水漏れが発生したら他の場所でも起こりうるわけです。

京都市内の家は比較的古い家が多いので、その分水漏れトラブルなども起こりやすいです。パッキンの交換はそれほど難しくはないので、自分で修理することができます。昔の単純な作りの単水栓やツーバルブの混合栓であれば、レンチ一つあれば素人でも修理は可能です。最新式の混合栓の場合は、分解するのにコツが必要ですができないことはありません。

大きなナットではなく小さなボルトが使われているので、六角レンチを使って外せばOKです。修理する前に必ず止水栓をしめることを忘れないようにしましょう。そうしないと水があふれて大変なことになってしまいます。なお京都市内には多数の修理会社もあるので、電話一本で24時間365日来てくれる会社を一つ抑えておくと安心です。