キッチンの水漏れやつまりの原因

キッチンは水回りの中でもよくトラブルが発生する場所です。水漏れで多いのが、蛇口のパッキンが古くなるケースであり、シンクと排水トラップのゴムパッキンも劣化すると水が漏れてしまいます。排水管と排水パイプのナット緩みは一瞬見ただけでは分かりませんが、工具で締めてみると緩んでいることが分かります。ただし、締め過ぎても問題になりますので、適度な強さでできなければ専門家に依頼した方が安心かもしれません。

実際に強く締め過ぎてしまって状況を悪化させてしまうケースがよくあります。排水ホースが排水管から外れてしまったら、きちんと接合部分を固定してテープ等で補強すれば解決です。ひび割れに関しては、補強するだけでは足りませんので、排水管自体を交換しましょう。補強して一時的に止まったように見えても、ずっと圧力をかけ続けるといつの間にか外れてしまい、再び水漏れが発生してしまいます。

応急処置としては正解ですので、テープで補強したらすぐに業者に依頼します。つまりは食べ物が入ってしまったことが主な原因であり、取り除ける範囲にある時には取り除きましょう。大きめの食材がつまりの原因なら、すぐに流れます。ただし、排水管の方につまりが発生しているケースは少し厄介です。

ナットを緩めて排水管を分解し、掃除をするのが修理方法です。水漏れもつまりも自分で修理できるケースがありますが、仕組みが分からなくて不安がある場合には、業者に依頼することをおすすめします。