広島県周辺にいる遺産相続の相談が可能な弁護士
2021年12月31日

弁護士の法律相談で任意整理の説明を受けることが可能

貸金業者は、様々な世代や職業の方に積極的に融資を行っていることが多くなっており、借り入れのしやすさから多重債務者が増加しています。借金問題に巻き込まれたときに大切なことは、少しでも素早く対策を講じて借金額を増加させないことにあります。貸金業者から融資を受けたときには、金利分の支払いが発生しますので、長引けばそれだけ利息の支払いが大きくなって完済が困難になります。借金問題を悪化させないために有効な法律的な方法としては、任意整理のことが挙げられます。

任意整理は法律的な手続きを用いる借金問題の解決法で、自己破産をするときとは異なり、家財道具を失うことなく借金の対策が行えます。任意整理の一番大きなメリットは、手続きを行った後は借金額が減るという点にあります。自分ひとりの力では手続きが難しいときであっても、プロの法律家である弁護士に相談することで、貸金業者と交渉をするための代理人に任命することができます。任意整理はデメリットが少ない債務整理の方法と言えますが、弁護士に法律相談をして貸金業者と交渉したり和解を締結したときには、それらの貸金業者はそれ以後使うことができなくなります。

また、日常生活を過ごす中でクレジットカードなどが必要だと感じるときがあると考えられますが、7年間ほどは貸金業者の融資サービスの審査を通過できなくなるデメリットがあります。弁護士に依頼するときには、メリットに加えてデメリットに関しても法律相談で質問しておいて、納得できる形で手続きを進めることが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です