広島県周辺にいる遺産相続の相談が可能な弁護士
2022年1月6日

法律事務所では任意整理についての相談が行えます

貸金業者から借金をしたときに、自分の収入による金額だけでは、毎月の返済が困難になってくるケースが多いです。借金返済ができなくなったときに、法律家に相談したときに真っ先に検討する方法として多いのは、自己破産ではないかと思います。自己破産をすれば抱えている借金の全てにおいて、返済義務を免除してもらうことができるので、手続きを行うことで通常の日常生活を取り戻すことが可能になります。ただし、自己破産を検討するべき人は無職で収入を得ていない人や、住宅などの一定の財産を持っていない人が主な対象と考えられます。

自己破産を成立させることによって、持っている財産のほとんどを手放さなければなりませんので、維持させたい資産を持っているときには、自己破産以外の方法を考えたほうが良いと言えます。弁護士の法律相談を受けることで、自己破産ではない債務整理にどのような手続きがあるのか聞くことが可能です。財産を維持しながら借金問題を解決させるための債務整理の方法としては、任意整理を挙げることができます。長期間において貸金業者から融資を受けているときには、利息制限法の規定で設定されている金利よりも高い利息で支払いをしていることがありますので、任意整理の手続きをすることで借金の減額につなげることができます。

多くの法律事務所では任意整理についても法律相談を受け付けており、弁護士に依頼することで貸金業者との交渉を代理して行ってもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です