広島県周辺にいる遺産相続の相談が可能な弁護士
2022年4月6日

借金や収入の状況によって行う債務整理の方法は変わる

返せない借金があるときには、迷うことなく債務整理を行うことで解決できる可能性が上がります。債務整理をしようと決意したときに、一番最初にやるべきことは自分の抱えている借金の状況がどうなっているのか把握することとなります。弁護士に債務整理の相談を行うときには、できる限り情報が多くあるほうが良いと言えますので、借り入れを行っている貸金業者への支払い、領収書や契約書、毎月の収入金額などをすぐに把握できるようにしておく必要があります。いざ弁護士に債務整理の依頼を行うときには、借金の状況や自分の収入を把握できる書類などを提出することになります。

借金相談の場合では、抱えている借金の金額の多さや収入面のことも考えて、どの程度までであれば返済していく能力を有しているのかによって、行う手続きが変わってくると言えます。収入や資産がほとんどない状態で多額の債務を抱えているときには、自己破産の手続きを行うことが最適と判断できます。自己破産では財産を処分しなければならないデメリットがありますが、最初から財産をほとんど持っていない場合であえばリスクが少ない手続きと言えます。リスクの少ない状態で、借金の返済を免除してもらえる手続きになりますので、借金問題を解決して通常の日常を取り戻すために最適な手段と考えられます。

一定の失いたくない財産を有している債務者の場合であれば、財産を放棄しないで済む債務整理である任意整理や民事再生を選択することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です