広島県周辺にいる遺産相続の相談が可能な弁護士
2022年4月12日

債務整理は四つの手段をケースに応じて法律家が使う

債務整理は、四つの手段をケースに応じて法律家を通して利用することになる手段です。どのようなケースで使うのかというと、すべてが債務者が大きな借金を抱えてそれを返済することが出来なくなってしまったときです。債務者は、大きな借金を抱えてしまっているときにはその借金を何とか返済しようと生活を犠牲にしてまでその借金の返済にあてることになります。しかし、憲法上は日本国内に住んでいる限り最低限の暮らしを保障することができるため、日常生活を犠牲にしてまで金銭を返済する必要性は全くありません。

このようなときのために債務整理という手段を使って債務者の負債を何とかすることが出来るのです。具体的な使い方は、ケースに応じて任意整理、特定調停、民事再生、自己破産の四つに分けて法律家に相談して使います。法律家に相談した段階で、その債務者にどの手段が最も適応しているのかを判断してくれることになるため債務者は難しく考える必要はありません。債務整理は、その名前の通り債務者の債務を負担の無い程度に整理をすることを言うため、どうしようもないほどの借金を抱えている場合には債務整理によって借金そのものを全額消去することもできます。

この場合には、法律家を通して必要な手続きを裁判所を通して行うことになるため、実際に返済することが困難な場合には相談することが大事です。債務整理は誰であっても気軽に利用できる債務者の権利であるため、躊躇する必要はないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です